履  歴  書

氏 名    高藤 恭胤(たかふじ やすたね) 

       Yasutane Takafuji           

生年月日   昭和31213日 1956.2.13  A

出生地    広島県山県郡加計町本町

       Honmachi Kake-cho Yamagata-gun Hiroshima Japan.

本 籍    神奈川県横浜市西区南幸

       Minamisaiwai Nishi-ku Yokohama-shi

住 所    横浜市神奈川区

趣 味    剣道・テニス・スキー・読書

免許・資格  普通自動車 第一種免許  少林寺拳法 3段  居合道 初段

       高等学校教諭一種免許   ライフル射撃1級(第29回茨城国体出場)

       計算尺2級        剣道    2

1968.4  広島県加計町立中学校 入学

1971.3  広島県加計町立中学校 卒業

1971.4  広島工業大学付属工業高校 機械科 入学

1974.3  広島工業大学付属工業高校 機械科 卒業

1974.4  広島国際学院大学 理工学部 電気科 入学

1978.3  広島国際学院大学 理工学部 電気科 卒業           

1978.4  ゾンネボード製薬株式会社 入社              

1981.3  ゾンネボード製薬株式会社 退社              

1981.4  株式会社 富士通ビー・エス・シー 入社          

1985.6  株式会社 メディック 代表取締役に就任          

1986.8  日本経済新聞 大阪本社 パソコン専属講師となる。     

1986.12  株式会社 富士通ビー・エス・シー 退社          

1988.3    マラソン着順管理システムを開発(特許出願)国際マラソンに数回実地

1988.10  社団法人ニュービジネス協議会 において          

      第一回ニュービジネスアントレプレナー選手権 ソフト開発賞を授与

1989.4  全国市町村アカデミー講師となる。 現在も在籍中      

1993.4  防炎防虫剤の開発 木・紙が燃えない・腐らない・虫が寄って来ない液

1994.5  自動巻腕時計の自動巻機「ほっとけい」を開発(実用新案)  

1994.4  東京都生涯学習情報センター講師となる。 現在も在籍中   

1996.6  テーブル型インターネットマシン「かんたん君」を開発・販売

1996.11  VGA画面をビデオ・Sビデオに変換「TV-Fighter」を開発・販売

1996.12  双方向型感知装置「同考同感同士」(実用新案)を開発・販売

1996.12  携帯電話・PHSをモデム又は、PDAに接続できるアダプターを開発

  商品名「PHSコミューター」(実用新案)                

1997.3  ラジオ付きPHS電話機及びラジオ付き携帯電話(実用新案)

1997.6  携帯電話による電波遮蔽装置「WaveWall」を開発(特許・実用新案)

1998.4   電磁波遮蔽シート&フイルムを開発 (旭化成社と共同開発)(特許出願)

1998.9   移動通信機器の利用を抑制及び警告する装置を開発(実用新案)

1998.10 迷子お知らせ装置を開発(実用新案)

1998.12 電波による猫撃退装置を開発

1999.6   発泡ポリスチレンの脱泡・収縮・減容剤を開発(韓国特許取得2003.11

1999.7   発泡ポリスチレンの減容剤を利用した装置を開発(特許出願)

1999.7   電圧と周波数の可変装置を開発(特許出願)

1999.7   保湿効果(アトピー・老人性乾燥肌)を高めたスキンローションを開発(特許出願)

1999.10 電波及び各種センサーによるキャッチウエーブを開発(特許出願)

2000.1   再生ポリスチレンと蓄光剤の応用を開発 

2000.2   健康畳(呼吸する畳)を開発 (東洋プラスト社と共同開発)(特許出願)

2000.6   新聞もしくは雑誌などの紙面を用いた媒体の掲載方法を考案(特許出願)

2000.7   ポリスチレン系合成樹脂塑性成形材料の製造方法及び成形又は造形方法

2000.8  リサイクル体験学習教材を開発・販売を開始

2000.9   廃棄プラスチック再生装置を開発「BIO-RECYCLER」(特許出願)

2000.10 新セラミックコンデンサーを開発(世界特許取得2002.12

2000.10 ペットフードを使ったBB弾の応用(特許出願)

2000.10 磁気を帯びない磁性プラスチックの開発に着手 

2000.10 低周波帯域において電磁波をカットする素材を開発

2001.1   海洋生物付着防止塗料を開発 商品名「Nobel

2001.3   炭化水素を省エネ化するチューブ・燃焼促進装置を考案・研究開始

2001.8   フリーダム株式会社を設立 代表取締役社長に就任

2002.4   東京大学 海洋研究所 微生物 客員研究員となり海洋微生物不着塗料の研究

 をする。

2002.5   瞬間コンデンサーを開発着手  2003.8完成

2003.5   マイナスイオンを発生するスピーカーを開発

2003.8   筋肉疲労・老人性乾燥肌・アトピーに効果のある入浴剤を開発

2003.10   花粉症改善の水溶液を開発

2004.5   発熱素子を開発 最高温度200℃ 商品名「Hot Nobel」(特許出願)

2004.6   炭化水素を省エネ化するチューブ・燃焼促進装置(特許出願)

2004.8   節電装置 波形制御式(EnelⅠ・Ⅱ)を開発(特許出願)

2004.9   三洋電機 技術顧問となる。

2005.9        新発熱塗料 最高温度500℃ (特許出願)

2005.5   ロータリークラブの会員(第2590地区)となる。

2005.6   ロータリークラブ100周年記念 専門職務奉仕賞を受賞

2006.7   竹墨による黒塩加工方法の特許出願(ヤマイチ社との共同開発)

2006.7   地域活性型の自販機の特許出願(富士電機との共同開発)

2006.8   三洋電機 技術顧問を辞任する。

2006.11   氷雪付着塗料を開発 商品名「Snow Nobel

2006.12  丸和バイオケミカル株式会社の技術顧問となる。

2006.12      新日本エコ・システム株式会社の技術顧問となる。

2006.12      北陸アルミニウム株式会社の技術顧問となる。

2007.2   無機ヨウ素を有機ヨウ素に変換することに成功!

2007.3   ヨウ素にカルシウムを投入させガンの治療薬を開発する。

2007.5   白内障・緑内障の目薬を発明・開発する。

2007.8         電場・磁場発生装置を開発 100V --> 7000V 2mA

  用途:鮮度保持・遺体の保存装置として開発 東京・築地で使用されてます。

2007.11  富士電機リテイルシステム株式会社の技術顧問となる。

2007.12  白内障の治療でボランティア活動を開始する。スタートは、フィリピン・マニラ

2008.2    小谷村商工会を中心に共同研究内容(研究内容=融雪・氷雪付着塗料)を完成。

        経済産業省の認可を受け、「地域資源∞全国展開プロジェクト」を完成させる。

2008.4    小谷村 3セクターとしてスノーノーベル株式会社を設立 取締役に就任する。

2008.4    5枚羽根による風力発電装置を開発 福島県新事業創出プロジェクトに参加

2008.6      電場・磁場発生装置を開発 12V --> 3500V 1mA

   用途:健康寝具装置として開発 芸能関係者に多く使用して戴いています。

2008.11     触媒による水素発生装置を開発(ニクロム線を使用)

2008.11 新日本エコ・システム株式会社の技術顧問を辞任する。

2008.11 富士電機リテイルシステム株式会社の技術顧問を辞任する。

2008.11 フリーダムMBC株式会社の最高技術顧問となる。

2009.5   触媒による水素発生装置を開発(誘導電流を使用)

2009.5         誘導電流による過熱水蒸気を開発 1400W 1050℃を実現

2009.6         酸化還元電位(ORP)を-200mV10分後)になる水素発生セラミックを開発

2009.7         発電充電しながら走る電気式モーターバイクを考案

2009.8    両面焼き器 天焼き器を開発 実用新案を提出と同時に販売開始 

2009.9    新発熱塗料 最高温度700℃ (特許取得

2009.9   耐熱塗料を考案 1200℃に耐える。(特許出願中

2010.3    日本イオン研究開発株式会社の取締役 技術責任者となる。

2010.3    日昭商事株式会社の最高技術顧問となる。

2010.3   株式会社BBBの最高技術顧問となる。

2010.4      昆虫の卵の永久保存に成功(特許出願中)

2010.4   バブリングによる超高効率温筒管発熱装置のスプロケットを開発(特許出願中)

2010.4   電磁誘導型 瞬間湯沸かし器を開発 48℃の湯が8リットル/分 排出可能!

 (特許出願中) 

2010.11.2 北京門頭溝区科学技術委員会よりスペシャル・スペーカーとして講演をする。

      講演内容:「投資とビジネス」の中の「エコ住宅」について講演する。

      電気式瞬間湯沸かし器・ハエの幼虫で肥料と飼料を作る・

      過熱蒸気で植物の発育を促す。

2010.12       三相3線式 瞬間湯沸かし器を開発 51℃の湯が12リットル/排出可能!

 (特許出願中) 

2011.3            AC100V 14Aで水素ガスを排出する装置 ENEL-02 を開発。用途は無限です。

      現在全国60ヶ所で使用中! 

2016.12.9 厚生労働省が水素ガス吸引療法を先進医療として認定!

2011.4          AC100V 13Aで空気から水を創る装置を開発。(特許取得)

      1時間に1リットルの水を創り水素水として提供することができる。

      24時間稼動可能!水温4℃~10℃調整可能!

2011.5          エネルギー0(Zero)、特殊セラミックと永久磁石で、内燃機関(ボイラー 等々)の燃費を50%削減する装置を開発。宮崎・高知・静岡で試験済み!

2011.7          AC100V  2mA7000Vの高電圧発生装置を開発・使用して世界中のエアコン

 の電気消費量を40%削減する装置を開発。

2011.8             AC100V 10Aで-50℃の鮮度保持100%の冷凍保存庫を開発。肉・魚・野菜

      を10年間以上鮮度が落ちない。この事よって出荷調整ができる。

   2012.3 築地中央市場 場内に設置

2011.12       半永久走行装置を開発。試作機として電動バイクを作る

2012.4  石川県 金沢大学 物理学部 講師となり水素について講義。2014.3 辞任

2012.12.14 発熱塗料及び発熱素子特許取得 (特許第5156185号)

2013.3    船舶が搭載するバラスト水に起因する海洋生態系の撹乱を重く受け止め、海洋環

      境などへの被害を防止する装置を開発。

2013.8  Hawaii International University

      Doctor Philosophy Major Health Science 健康科学博士を取得。

2014.4.18 東久邇宮記念賞受賞 + 2014.11.3 東久邇宮文化褒賞受賞

2015.5    空中の電波を利用して、波動発電機を開発着手。

2015.10  ニッポン放送 パーソナリティとなる。(高藤博士の10分トーク)

2015.11  株式会社タイセイプランニング(國興総合建設グループ)の技術顧問となる。

2016.2.12 水素水製造装置及び水素水製造方法の特許取得(特許第5882025号)

2016.2.13 高藤式水素カプセル White Hydrogen を開発。

2016.5  FM Yokohama パーソナリティとなる。(極東野郎Aチーム)

2016.10.24 ロシア 極東連邦大学 研究員となる。(日本人では初めて!)

2016.12  超効率な充電装置を開発 ENEL POWER

2017.2.7 波動発電装置を開発 ノイズでTV・エアコンのコントローラーを稼働させる。

2017.3.9 蛍光灯のノイズ、モーターのノイズでDC200V発電に成功。

2017.7.10 波動発電装置を使って、携帯電話の充電に成功。

2017.8.8 ネオジウム磁石の磁力向上と磁力線の安定化を図るシステムを完成させる。

2017.8.31  p型半導体とn型半導体3端子の半導体の特許申請

2017.8.31 モーターノイズで電気エネルギーを発電させる方法の特許申請

2017.8.31 アンテナの特許申請中

2018.2.13 Dr.Plasma 特許申請中

2018.6.10 ワン・サイクルエンジンを考案・開発中

現在に至る。

E-mailtakafuji0213@fdmjp.co.jp

 

 

 夢をタカチに!

一期一会